満足度NO.1のメンズエステはどこだ!?体験&口コミで徹底検証:メンズエステ初心者のレポーター5名が、有名サロンを実際に体験!絶賛コメントも辛口コメントも織り交ぜながら、ガチンコで選んだNO.1メンズエステとは?各サロンの特徴やメリット・デメリットの本音が聞ける体験レポートも必見です。 ガチンコ体験結果から5店を本気比較!最も高評価のメンズエステはどこだ!?:人気があるメンズエステの体験コースを実際に受け、最も満足度の高いメンズエステを発表!項目ごとの満足度にも注目です。<比較結果を見る>

ホーム  >  メンズエステ Q&A  >  失敗しないメンズエステの選び方

メンズエステのココが知りたい!  Q&A
失敗しないメンズエステの選び方(イメージ)

Question 04 失敗しないメンズエステの選び方

通い始めてから「やっぱり契約するんじゃなかった!」と後悔するのは避けたいですよね。ここでは失敗しないメンズエステの選び方をご紹介。まずは気になるエステサロンに実際足を運んでみることが大切です。

  • まずはとにかく足を運んでみよう

    メンズエステを選ぶ際、まずは何をしますか?多くの方は、広告やチラシなどでエステサロンを知り、どんな施術が受けられるのかなどを公式サイトで確認すると思います。
    またインターネットで口コミを検索してみるのも、お店の実情を知るひとつの方法ですが、やはり実際に足を運んで自分の目で確かめるのがいちばん確実です。
    お店の雰囲気や接客が自分に合っているかどうかがわかりますし、技術レベルや施術後の変化を知ることもできます。いくつかのエステサロンで実際に体験してみて、「ここに通いたい」と本気で思えるエステサロンが見つかってから契約するんでも、全然間に合います。
    メンズエステを選ぶ際におススメしたいのは、体験コースで実際の施術を受けてみること。これが一番の失敗しないメンズエステの選び方です。

  • とても重要な、スタッフとの相性

    長期間お世話になる予定のエステサロンでは、常に心地よく過ごしたいものです。そのためには、スタッフとの相性が非常に大切。口コミではスタッフとの相性が合わなかったことによる不満の書き込みが多く見られます。不快な思いをしないためにも、体験コースを受ける際にしっかりとチェックしておきたいところ。
    スタッフのレベルや質は、受付から始まっていると言えます。来店してもなかなか案内人が出てこなかったり、目が合っているのに挨拶をされなかったり。逆にどんなに忙しくても全てのお客さんへの気配りを忘れないスタッフがいる店舗は、やはり隅々まで心地よい配慮がされている場合がほとんどです。
    カウンセリング時のコース説明や質疑応答でも、スタッフの力量が垣間見えるポイントです。営業トークに必死で親身になってくれないスタッフや、ヨイショトークがわざとらしいと感じるスタッフ、気にしていることをズバズバと指摘してくる無神経なスタッフなど、気になる担当者だった場合は要注意です。
    施術中も、マシンの操作・調整技術、ハンドマッサージの力加減や丁寧さなどの技術面から、汗をかいた際には水をもってきてくれたり、肌寒い場合にブランケットをかけてくれるなどの細やかな配慮、施術中の会話の内容などなど、良いスタッフか判断できる部分は多々あります。 施術中に勧誘ばかりしてきて落ち着かなかったり、スタッフの接客態度が若者のノリすぎて不快……など感じた場合は、トイレにたった際などに他のスタッフに打ち明けて、本コースでは担当者を変えてもらうか、そのサロンとは契約しないほうが良いでしょう。
    逆に、とても気に入った担当者に巡り合えた場合は、本コースを契約したときも同じ人に施術をお願いできるのかを事前に確認したほうがいいでしょう。

  • 料金、清潔さ、契約内容…細かくチェック!

    メンズエステの失敗しない選び方として、契約前と契約時にチェックしておきたい点は他にもあります。いいサロンに巡り合うためにチェックしたい上記以外の項目を、ピックアップしました。

    ・料金や支払い方法は明確か
    ・店内は清潔か
    ・エステティシャンの入れ替わりは激しくないか
    ・契約前の概要書面、契約後の契約書面が用意されているか
    ・強引な勧誘はないか

    気になる勧誘についてですが、法律が厳しくなったこともあり、強引な勧誘をするサロンは少なくなってきました。しかしそれでもまだしつこい勧誘をしてくるサロンもあるにはあるようです。もしも勧誘を断り切れず、無理な契約をしてしまった場合には、クーリングオフという消費者救済制度があることを覚えておきましょう。 クーリングオフ制度は、一度契約してしまった場合でも契約を解除できるという制度です。 ただし、下記条件が必要となります。

    ・契約金額が5万円を超え、かつ契約期間が1カ月を超えるもの。
    ・法定の契約書面が交付されてから8日以内のもの。

    この条件を満たしているのならば、クーリングオフ制度が適用できます。勧誘があまりにもしつこくて困り果てた場合は、一度契約してしまってすぐにクーリングオフをする、という荒技もあることを頭の片隅に入れておいてもいいかもしれません。 そもそも、日本には特定商取引法という法律があり、エステサロンでの契約前には概要書面でクーリングオフや中途解約などについて書かれた書類を貰うルールです。この書類を必ず確認しましょう。用意してくれないエステサロンは非常に危険です。